投資とは投資した株式が何%上がった下がったといって騒ぎ立てるものではない

株式投資で投資先の株価が10倍以上になることもあります。では、そのような幸運にめぐり合えた人というのは金融資産が一億円以上になたのでしょうか。実はそのような幸運にめぐり合うことがあったとしても金融資産で一億円にならないのです。

なぜでしょうか。それは投資金額が少ないからです。

もし、10倍になった株に10万円投資していても所詮は100万円にしかなりません。様々な諸経費や税金を無視すれば儲けは90万円です。では、100万円投資してその株が2倍になった時の儲けはいくらでしょうか。先ほどと同じ条件ならば計算するまでもありませんね。もうけは100万円です。

これでわかることは、投資とは投資した株式が何%上がった下がったといって騒ぎ立てるものではなく、いくら儲かったかが重要になるのです。

つまり、株価が10%上がって利益が800万円と株価が10倍になって儲けが100万円比べるともうけた金額が多い方がいいのです。

株式投資とはただこれだけなのです。vio脱毛 脱毛ラボ