えんぴつ、されど彩りあり、あじわいあり、深みあり。

色鉛筆にハマってある。

きっとの者が、色鉛筆に触れた想い出なんてとっくです。

何故俺が今更色鉛筆に魅了されてしまったかというと、馴染みの子どもに絵をねだられた事が誕生でした。

絵を描くことが昔はびいきでした。
でも最近は余程描いていませんでした。
色鉛筆添付を抱えながら、「プリンセス描いて!」とギンギンのまぶたでおねだりされました。
プリンセスってどういうプリンセスなんだろう…
子ども向けの戯画は見た事が無いので、特に自分の思い付く「プリンセス」を描き始めました。

色合いの頭数が安いものの、か細い線で組み合わせると異なる彩りに仕上がります。
それを見ながら子どもが、「どうしてやったの?我々もやる!」と興味津々でした。

久々に色鉛筆に触れ、出来上がったプリンセスを見て、言わば楽しくなってしまいました。

後日、文房具屋へ赴き、すっと色鉛筆放物線を物色しました。
今は、いや、昔からあったのかもしれませんが、様々な色鉛筆がありました。
ひとまず今は、水彩色鉛筆という、水に溶かして取り扱うものに夢中だ。全身脱毛 値段 比較