朝5時半に起きて、旦那様の為に作る毎日のお弁当ブログ

私は朝起きるのが苦手で、小学生の子供よりも遅く起きてしまう毎日を送っていました(笑)だめだだめだと思いながらもなかなか起きれなかったのですが、主人の仕事が変わったのがきっかけで、私の毎日も変わりました。
6時半に出発する主人に合わせて、お弁当を作らないといけなくなったのです!!!さぁーどうしましょ(笑)
とゆうことで、まず1番初めに私がしたことは、ひじき煮やきんぴらごぼうなどなど、小分けで冷凍できるおかずを大量に作りました!!そして、冷凍食品も買い揃え(笑)、ネットで簡単お弁当のおかずをリサーチして、お弁当箱などなどグッズを取り揃えました。そして、奥で眠っていたお弁当用のフライパンを出してきて(卵焼きを焼きながらウィンナーを炒めながら魚が焼ける…みたいなフライパンです)準備万端!!!初めての日。携帯の目覚ましを 5分おきでかけてなんとか5時半に起床。
無事にお弁当を作って送り出すことができました。その時にきづきました。『私お弁当作るのが好きかも(笑)』
それから、あんなに朝起きれなかった私が毎日きっちり5時半に起きれるようになり、空けることなく大成功してます!!!kireimo キャンペーン

発見の宝庫、週に一度は百貨店の催事をのぞいてみよう

百貨店やデパートでは定期的に催事行われており、全国のいろんなグルメや便利でこだわりの詰まった日用品など、普段お店で見かけないものに出会うことができます。
そういうこともあり、たまにぶらりとのぞいてみると珍しいものや「こんなのが欲しかった」というものを見つけることがあり、思わぬ発見や出会いをすることがあります。
中には催事がきっかけで次の催事のときにも顔見知りになったり、お気に入りの業者さん
来るのが楽しみになったりと、ちょっとしたきっかけから長くおつきあいのできる店舗さんと知り合うこともあります。
そういうこともあるので、催事場を見に行くと「どんなのがあるかな」毎回ワクワクします。
食器1つにしても、絵柄にはそれぞれの違いがあり、職人さんの好みや個性によって絵柄に特徴が出てきます。
昔ながらの和風の絵柄のものから、若者向けの要素もとりいれたモダンな絵柄のものまであり、なんとなく手にしたものがどれも同じ職人さんが描いたものだった、ということもあります。
そんな今まで気づかなかった自分の好みにも気付くこともあるので、楽しい催事場、ぜひ週に1度はのぞいて見るといいと思います。キレイモ vio